東京シティー総合法律事務所

メニュー

東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

男女問題TOP --> 婚約破棄

婚約破棄

婚約破棄に正当事由ない場合、破棄された方は相手に対し慰謝料請求が可能です。
逆に、正当事由ある場合、その事由内容によっては、破棄した方が相手に対し慰謝料請求可能となります。

婚約とは、将来婚姻するとの合意であり、様式は不問です。例えば、性関係・同棲等の有無も、 結納・公表・通知等の有無も、無関係です。
このため、婚約の成否が問題となることが多々あります。 そして、婚約の成否に争いがある場合、最終的には訴訟で争うしかないです。
しかし、口頭のみの場合は、相手に真摯な約束ではないとの反論の余地を与え、 その判定は裁判官心証に大きく依存することになり、この意味で不安定な状態といえます。
よって、根拠となる客観的行為又は客観的証拠を備えることを考えるべきです。
但し、大げさなものである必要はなく、結婚を約束したメール連絡、結婚の約束を確認したLINE通話、 双方揃っての上司への報告、双方からの親類・知人等への通知書等でも充分に効力があります。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com