東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

総合TOP

基本方針

真実に基づく正義の実現を目的とし、弁護活動は依頼人と弁護士との共同作業であるとの認識を共有し、 両者が協働して適切な解決策を見つけ出すことを基本方針としています。

当事務所の弁護士費用は着手金・報酬金のみとし、法的支援を得やすいよう低額に設定した上、 更に、経済的余裕のない方へは特段の配慮をしています。料金体系はこちらから
又、経済状況によっては、民事法律扶助制度を利用しての対応もしています。

初回相談は無料で行っています。 相談・問合せはこちらから
刑事・民事共に対応していますが、民事では特に、(自己対応・弁護士委任に係らず)解決の為には訴訟も辞さないとする 具体的事案に対応しています。
1.自己対応(弁護士に委任しない)を意図されている場合は、問題の具体的事案における必要且つ重要な法的事項に関する質問、不明な訴訟手続事項に関する質問、 等に対応しています。
2.弁護士への委任を意図されている場合は、これに加え、委任を検討するための質問等にも対応してします。

主要な取扱分野は以下の通りですが、これ以外の分野も広範に多数取扱っています。

不倫・離婚・婚約破棄、その他の男女間のトラブル

配偶者の不倫相手に慰謝料請求したい、不倫を止めさせたい。
■不倫相手の配偶者から過大な慰謝料請求された、嫌がらせをされている。
婚約破棄で慰謝料請求したい。
■配偶者が離婚に応じない
■配偶者から離婚を申立てられた
■子供の養育費や財産分与及び年金分割等を適正に決めたい。
■子供の親権を得たい、面会を確保したい
妊娠、中絶、出産などしたが、交際相手が真摯に対応しない。
■交際相手から中絶したなどと言われ慰謝料を請求された。
その他の男女間のトラブル
男女間トラブルに関する専門サイトはこちら

不動産賃貸借・売買、その他の不動産関係のトラブル

■賃貸人から立退を要求された。
■賃借人を立退させたい。
■賃借人から過大な立退料の要求を受けた。
■賃借人が家賃・地代を長期に滞納している。
■賃貸人から高額な賃料増額を要求された。 ■賃借人から不当な賃料減額を要求された。 ■家屋・土地を売却したが買主が売却代金を払わないまま使用している。
その他の不動産のトラブル
不動産トラブルの専門サイトはこちら

生命保険のトラブル

■外務員・代理店等販売員による虚偽説明・説明不足・不利益不告知等の不当勧誘・販売で、不適当な保険に加入させられた。
■実質的には損をするのに、そのことを隠して転換・乗換を進められ、不適当な保険に乗り換えさせられた。
高齢者にもかかわらず、年間数百万円の保険料を支払わなければならない不要・不相当な保険に加入させられた。
■加入時の虚偽説明・誤導により、保険金・給付金・解約返戻金などの支払いがなされない、又は予定より低額となった。
その他、無断契約、不適合契約、保険金不払、保険金の帰属、等の生命保険トラブル
生命保険トラブルの専門サイトはこちら

契約不履行・解除解約、その他の契約関係のトラブル

債務不履行(契約上の義務を行わない)なので解除・解約したい。
■債務不履行で損害発生してるので損害賠償を請求したい。
■契約に基づくとして不当な要求を受けた。
■不当に契約を解除・解約された
■不当な契約を解除・解約したい
■相手提案の契約内容が不当・不公平ではないか確認したい。
その他の契約に係るトラブル
但し、賃貸借契約・生命保険契約に関しては、別途に専門サイトを設けています。
賃貸借契約に係る専門サイトはこちら。
生命保険契約に係る専門サイトはこちら。

相続関係のトラブル

遺産分割に関し相続人の間で合意が困難である。
遺産分割協議に応じない相続人がいる。
■相続人の一部が被相続人から特別受益していたのに遺産分割で考慮されない。
■適切な遺言書を作成したい。
遺言書で相続分を不当に少なくされた。
遺留分が侵害されている。
■遺産分割において遺産を隠された。
遺言執行が不正であった。
その他の相続関係のトラブル
相続関係トラブルの専門サイトはこちら

生活保護のトラブル

■生活保護の申請を受付けてもらえない。
■不当に支給が停止・廃止された。
■不当に住居を制約された。
■その他の不当な決定が為された。
その他の生活保護に関するトラブル。
自ら福祉事務所と交渉して、不当な対応をされた場合は相談下さい。
尚、生活保護申請等の各種手続や、生活保護基準の照会等は、直接福祉事務所にして下さい。

逮捕・起訴、その他の刑事事件の問題

■家族が刑事事件で逮捕・勾留された。
釈放・保釈等により身体拘束を解消したい。
不当な取調がなされないようにしたい。
■起訴猶予等の不起訴処分としたい。
執行猶予を得たい。
無罪判決を勝ち取りたい。
被害者と示談したい。
その他の刑事事件の問題
刑事事件に関する専門サイトはこちら

相談・問い合わせ

上記以外の分野も広範に多数取扱っています。
初回相談は無料で行っています。 相談・問合せはこちら

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com