東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難で電話相談を希望される方は、問合せメールに電話可能な日時(時間帯)を複数記載して送付ください。

事前メールで予約受付されていない電話には、業務の都合上、対応できないことがあります。

総合TOP → 訴状が届いたら

訴状が届いたら

裁判所からの訴状は、原則、郵便局の配達員から手渡しで受け取る特別送達という方法で届けられます。

訴状が届いたら、早めに弁護士に相談に行くか、又は自分で対応するかしなければいけません。 例え、訴状の内容が身に覚えのないことでも、そのままにしておいてはいけません。
そのままにしておくと、原告の言い分をそのまま認めた判決が出されてしまう可能性が高いからです。

そのため、特段の理由がない限り、答弁書を決められた期限までに提出し且つ期日に出廷する必要があります。 訴状に同封されている雛形を使えば、一般の方でも答弁書を作成することができます。

申立書が届いたら

調停の場合は、訴状ではなく申立書が送達されます。

調停は、原則として当事者間の話し合いの場を裁判所が提供し、 調停委員が関与して双方の主張の整理や助言等を行います。
よって、話し合いに応ずる気がなければ、答弁書提出も出頭も不要と思えるかもしれません。。
しかし、調停事項によっては、調停で和解が成立しないと審判に移行し、判決同等の効力を有する審判が為されてしまうので、 そのような事案の場合には、申立書に対応する必要があります。

対応しないと審判に移行するのか審判はなく調停不調で終結するのか、どちらか不明の場合には、裁判所に確認すべきです。

相談・問い合わせ

初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com