東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

問合せメールには、弁護士が迅速に対応します。
メールでの問合せが困難な方は、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数のみを記載して送付ください。
こちらの返信メールで日時指定していない問合せ電話には、対応しておりません。

刑事TOP

刑事事件の法律相談

■家族が刑事事件で逮捕・勾留された。
釈放・保釈等により身体拘束を解消したい。
不当な取調がなされないようにしたい。
■起訴猶予等の不起訴処分としたい。
執行猶予を得たい。
無罪判決を勝ち取りたい。
被害者と示談したい。
その他の刑事事件の問題に対応しています。
そして、刑事事件手続の範囲のみでなく、その後の社会復帰を視野に入れて、弁護活動を行います。

1.刑事事件に係った場合

家族・知人等が刑事事件に係った場合、特に逮捕・勾留された場合には、捜査機関による不当取調を抑止し、 釈放・保釈等により不要な身体拘束を解除し、不起訴処分又は公判に向けた活動をするためには、 弁護士を早急に選任することが有効です。

逮捕は72時間以内、勾留は通常20日以内となっており、この間に基本的な捜査が為されます。 捜査の結果、証拠・嫌疑が不充分、刑罰を科すのは不相当などと判断されると、不起訴・起訴猶予となります。 一方、起訴されると、多くの場合に勾留は継続されます。

刑事手続に不案内のまま長時間身柄拘束されると、精神的に不安定になり、嘘の自白をしてしまうことすらあります。 しかし、一度自白をすると撤回は著しく困難です。
又、証拠収集・事実調査や検察官・裁判所等との対応・交渉などの防御活動も、本人・家族・知人のみでは困難ですし、 特に身体拘束されていると事実上不可能です。
更に、身体拘束が続くと、会社等勤務に支障を生じ又職場に逮捕・勾留の事実が知られ、場合によっては解雇となることも あります。
ですから、接見交通権により被疑者との面談が確保され且つ専門知識・技能を有する弁護士を早急に選任する重要性・必要性 が高いのです。

2.弁護士の活動

起訴前であれば、不起訴処分を得るための活動のほか、不当取調を防止する、身体解放する、弁護用の証拠収集・事実調査をする、 被害者と示談交渉する、家族等との連絡を確保するなどの活動を行います。
起訴後であれば、本人が無罪を主張する場合は、当然、無罪判決を得るための証拠収集・事実調査、そして公判における 主張・立証が中心となりますし、有罪を自認する場合でも、縮小判定や一部無罪、及び執行猶予・量刑軽減を得るための活動が 重要です。 不当取調の防止、保釈等の身体解放も、起訴前段階と同様に重要です。

但し、弁護士の活動は、あくまで真実に基づいた適正な判決を求めるものであり、不当な断罪・量刑を阻止するものであると 考えます。不起訴処分・無罪又は減刑を求めるために真実を偽装することは、あってはならないことです。
又、無罪・減刑を目的に無理・不自然な主張をすることも、避けるべきです。無益であるだけでなく、 場合によっては逆効果となります。

3.弁護士への依頼

1)当番弁護士
当番弁護士制度とは、弁護士が逮捕中の被疑者に無料で一回面談(接見)する制度で、 各地の弁護士会が被疑者又は知人・家族等からの要望に応じて弁護士を派遣するものです。
当番弁護士は、接見において、黙秘権等の重要な権利や刑事手続を説明し、今後の見通し等の疑問・不安に答え、 その他不当処罰を避けるためのアドバイスをします。
当番弁護士に引続き弁護を依頼して私選弁護士とすることもでき、その場合の費用等については、個別に相談することとなります。

2)国選弁護士
経済的余裕のない勾留中の被疑者は、一定以上の刑罰に該当する被疑事実(容疑)に関し、 又、起訴され被告人となった場合には被疑事実に係りなく、国選弁護人の選任を請求できます。

3)私選弁護士
私選弁護士を選任する場合、刑事専門の弁護士は非常に少ないこと、刑事弁護に特別な手法はないこと、 刑事専門弁護士とそれ以外の弁護士とで弁護活動に有意な差異がみられないことなどから、刑事専門の弁護士を探す必要はなく、 被疑者や家族・関係者との相性が良い、親切・熱心に対処してくれると感じられる弁護士に依頼すべきです。
相性が悪い、対応が悪いと感じる弁護士に依頼すると、信頼関係が弱く、その後の弁護活動上に支障を生ずることとなります。
尚、私選弁護士の選任は、被疑者・被告人本人のほか、家族等も選任することができますが、委任者はあくまで本人です。

4.当事務所への依頼

先ずは、下記の相談・問合せメールを利用して連絡ください。
被疑事実・周辺事情等の確認、弁護方針の協議・合意ができた後、受任の可否を協議して決定します。

メールでは事案説明ができない場合には、その旨と電話可能な日時複数をメールに記載ください。
又、被疑者・被告人本人が逮捕・勾留中であれば、本人以外の親族等からの問合せも受け付けています。 この場合は、接見により上記事項を確認します。
費用については「料金体系」を参照ください。 料金体系はこちらです。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com