東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

契約関係TOP --> 危険負担

危険負担

対価関係にある債権債務を規定した契約において、一方の債務がその債務者に帰責性なく履行不能となった場合に、 それと対価関係にある債務が存続するかどうかは、法律に規定されています。 この関連性を、危険負担の問題といいます。
基本的には、一方の債務が消滅すると、対価関係の債務も消滅します。
しかし、消滅した債務が特定物の移転の場合、履行不能につき債権者に帰責性ある場合等々、 一定条件の下では対価関係の債務が消滅しない事案も少なくありません。
その判断基準は理解容易ではないので、自分で十分に調査し、更に判断に自信がない場合には、 念の為に弁護士等に確認した方がよいです。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com