東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

契約関係TOP --> 契約とは

契約とは

契約とは、当事者間の権利・義務に関する合意のことをいいます。
売買契約・贈与契約・消費貸借契約・賃貸借契約・請負契約・等、民法に規定のある契約を典型契約、 それ以外を非典型契約といいます。
又、要式契約とは、契約成立に一定の形式を要する契約、それ以外を不要式契約といいますが、殆どが不要式契約です。 要式契約の例: 保証契約・身分関係契約・等

契約内容に本来は制約はありませんが、特段事由ある契約及び契約内容は無効ですし、 典型契約において一定の事項を欠く場合は予期せぬ契約内容となる場合があります。
特段事由の例: 公序良俗に反する、強制力ある法令条文に反する、等
予期せぬ内容となる例: 返済期限、契約期間、等

契約書

不要式契約では必ずしも契約書の作成は要しません。
しかし、重要な契約については、後日に契約の成否や内容等が争いとなった場合のため、証拠として作成し保管しておくべきです。
契約書には、当事者全員の署名・押印及び日付記入してください。押印があれば氏名は本来なら代筆・印刷でも良いですが、 偽造との相手主張を予防するには、署名の方が望ましいです。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com