東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

契約関係TOP --> 契約における錯誤

契約における錯誤

契約における錯誤とは基本的には、契約上の重要事項に関し一方当事者が認識することなく内心の意思と異なる意思表示により 契約合意したことをいいます。
この場合、錯誤ある当事者が主張すれば、契約は無効となります。

これに対し、契約の内容でなく契約した理由に錯誤があった場合には、契約における錯誤とならず、契約無効は主張できません。

但し例外的に、意思決定をした動機に関し重要な事実誤認がり、その動機が意思表示上で明示又は黙示されていた場合は、 錯誤ある当事者が主張すれば、契約は無効となります。
これを「動機の錯誤」といいます。実際に紛争となるのは、こちらの場合が殆どです。
尚、錯誤した当事者に重過失ある場合は、その当事者は主張できません。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com