東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

相続問題TOP --> 遺産分割

遺産分割

遺産分割とは、相続人が複数で遺産全部の相続方法を指定した遺言がない場合に、 遺産を共同相続人全員の話し合いによって具体的に分配することです。
この場合、遺産分割協議で全員の合意が得られるまで、遺言で相続方法を指定された部分を除き、 遺産は相続人全員の共有財産となり、合意成立時点で相続時に遡及して合意内容通りの相続が為されたことになります。
遺産分割に期限はありません。(時効等がない)

遺産分割は必ずしも遺産全体を対象とせず、一部についてのみ遺産分割することが可能です。
即ち、遺言で禁止されていない場合、共同相続人は遺産の一部に関して遺産分割協議でき、協議不調の場合も、家庭裁判所に一部分割の申立が認められます。


遺産分割前に共同相続人の一部が遺産を処分した場合、他の共同相続人全員の同意により、処分された遺産も遺産分割対象とすることができます。 この同意がない場合は、遺産分割協議の対象とはならず、別途に不法行為損害賠償請求・不当利得返還請求等によることとなります。


法定相続分を超えて不動産を取得した相続人は、登記(対抗要件)を備えない限り、 その法定相続分を超えた取得を第三者に主張しえません。
法定相続分を超えて債権を取得した相続人は、共同相続人全員から債務者に対する通知するか又は債務者の承諾を得ないと (対抗要件)、その法定相続分を超えた取得を第三者に主張しえません。
但し、取得した相続人が当該取得を裏付ける遺言・遺産分割等の内容を明示して通知した場合は、 共同相続人全員からの通知とみなされます。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com