東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

相続問題TOP --> >遺留分侵害額請求

遺留分侵害額請求

遺留分侵害を受けた相続人は、侵害額に相当する金銭の支払いを請求することができます。
相続の開始及び遺留分侵害の事実を知った時から1年以内に又は相続開始から10年以内に請求権行使しないと、 請求権は消滅します。
民法相続関係条文の改訂により、従来と異なり、当請求権を行使することで、 遺留分侵害額に相当する金銭の支払いを請求する権利が発生します。

(遺留分侵害額の計算式)
(相続開始時の相続財産+贈与された財産の価額-相続債務)×遺留分権利者の遺留分割合-(遺留分権利者の受けた遺贈・特別受益の額 +遺留分権利者が相続にて取得した財産額)-遺留分権利者の承継する相続債務
ここで、贈与された財産の価額とは、以下の贈与の価額です。
1.相続人以外の第三者への贈与のうち相続開始前1年以内のもの
2.相続人に対する特別受益に該当する贈与のうち相続開始前10年以内のもの
3.相続人に対する特別受益に該当する贈与のうち加害認識があるもの。
尚、3については、相続前10年超過しても対象となります。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com