東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

相続問題TOP --> 配偶者短期居住権

配偶者短期居住権

民法の相続関係条文の改正により、以下の通り、被相続人の配偶者はそれまでの住居に居住し続ける権利を得られます。
(要件)
被相続人の財産に属する建物に、相続開始時に無償で居住していた。
(効果)
当該建物の所有権を相続・遺贈等により取得した者に対し、一定期間無償で居住し続ける権利を得る。 当該建物所有者は、建物譲渡その他の方法で配偶者の居住を妨げることが禁止されます。
(期間)
相続開始時又は遺産分割で当該建物の帰属が確定した時のいずれか遅い方から6ヵ月間。
被相続人が当該建物を単独所有でなく共有していた場合でも、又被相続人が同居していなかった場合でも、配偶者短期居住権は認められます。 配偶者は居住に使用する権利は得られますが、賃貸等で収益する権利は得られません。又、使用できるのはこれまで居住していた部分のみに制約されます。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com