東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

相続問題TOP --> 特別寄与分

特別寄与分

時別寄与分とは、被相続人の親族であるが相続人でない者が、下記要件を満たした場合のその経済的利益をいいます。 当該親族は、相続人に対し特別寄与料(特別寄与分に相当する金額)の支払を請求できます。
(要件)
被相続人に対し療養・看護その他の労務提供し、それにより被相続人の財産の維持・増加に特別の寄与をしたこと。

相続人との協議が不可又は不調の場合は、相続開始及び相続人を知った時から6ヵ月以内、又は相続開始から1年以内に、 家庭裁判所に協議に代わる処分を申立する必要があります。

尚、上記は、令和元年7月以前に発生した相続には適用されません。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com