東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

相続問題TOP --> 遺言の種類と特徴

遺言の種類と特徴

遺言には遺言書の作成を要し、自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言の三種類があります。
秘密証書遺言は特殊な場合のみであり、公正証書遺言は公証人が関与するものです。
自筆証書遺言は、遺言者本人が全文自筆するもので、日付・署名・捺印・契印等、様式が法定されており、 これに反すると無効となります。

但し、相続関係の民法改訂により、添付する相続財産目録は自筆以外でも認められることとなりました。
更に、自筆証書遺言を本人の申請により法務局で保管し検認を不要とする制度も、導入されました。 遺言者が死亡した場合、相続人・受遺者等関係者は遺言内容の記載されている遺言書情報証明書の交付を請求できる。 一方、遺言者死亡前は、推定相続人等の遺言者以外の者の閲覧・照会は認められません。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com