東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

相続問題TOP --> 代襲相続

代襲相続

代襲相続とは、被相続人より先に相続人が死亡している場合に、その相続人の子が相続人となることをいいます。

例えば、被相続人の子は相続人となりますが、その子が先に死亡している場合、その子の相続分を その子の子(被相続人の孫)が代襲相続することになります。
更にその代襲相続人も先に死亡していた場合は、その子が相続人になり(再代襲)、再代襲は継続します。

被相続人の兄弟が相続人となる場合(被相続人に生存している親・配偶者・子孫がいない場合)は、兄弟が相続人になりますが、 その兄弟も先に死亡していた場合には、その兄弟の子が代襲相続します。
しかし再代襲は適用されず、その兄弟の孫以降は相続人となりません。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com