東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

相続問題TOP --> 遺贈における受贈者の先死亡

遺贈における受贈者の先死亡

遺言書にて、遺贈(死亡を原因としての贈与)を規定していた場合、受贈者(遺贈を受ける者)が遺言者より先に死亡すると、 遺言書は有効のままですが、遺贈部分は無効となります。
尚、これに代わり「○○を○○に相続させる」とした場合は、遺産分割方法の指定として有効ですが、 これも指定された者が遺言者より先に死亡すると、代襲者に指定遺産を相続させるとの意思表示を含むと 解される特段の事情がない限り、当該指定部分は無効となります。
このような遺贈、相続指定の遺言部分が無効となるのを回避するには、受贈者、指定相続人が先に死亡した場合には どうするかを規定しておく予備的遺言が必要です。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com