東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

総合TOP --> 告訴・告発

告訴・告発

告訴とは、犯罪の被害者・その法定代理人又は被害者の遺族が、捜査機関に犯罪捜査と処罰(起訴)を求める申告です。
強制性交罪・強制わいせつ罪等の親告罪や、一定の親族間での一定の犯罪(窃盗罪・詐欺罪等)では、 告訴がないと起訴できません(有罪とならない)。

告発とは、告訴権者以外の者が捜査機関に犯罪捜査を求める申告です。
捜査機関には告訴・告発の申告を受理すべき義務がありますが、受理すると捜査の義務が発生するため、 実際にはなかなか受理されないことが多いです。

尚、類似していると一般に認識されているものに、被害届があります。
しかしこれは、捜査機関に対する犯罪被害の単なる届出です。処罰を求める意思は表示されません。 そのため、被害届を提出しても、積極的な捜査が為されるとは必ずしも期待できません。

相談・問い合わせ

初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com