東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

総合TOP --> 逮捕・勾留

逮捕・勾留

(1)逮捕
警察等捜査機関による身柄拘束です。
警察に逮捕された場合、48時間以内に検察官に送致し(送検)、 検察官がその後24時間以内に裁判官に勾留を申請しない限り、釈放されます。
逮捕に対し、身体解放のための法的手段はありません。又、逮捕中は通常、弁護士以外との接見はできません。

(2)勾留
勾留とは、逮捕後に捜査機関からの勾留申請を裁判所が認めた場合の身体拘束です。
勾留期間は、原則は10日間まで、例外的に10日間まで延長可能ですので、最長20日間となります。 しかし、例外的取扱が多いです。
(特別な犯罪の場合には、例外的に更に5日間延長される可能性があります。)

勾留に対する身体解放の法的手段には、勾留決定に対する準抗告の申立がありますが、保釈によるのが一般的です。
取調上勾留の必要がなくなった場合には、検察官判断で釈放されることもあります。
一方、被疑事件が複数ある場合には、勾留期限満了前に別の事件で再逮捕され、身体拘束が継続することもあります。

(3)起訴後勾留
勾留中に起訴された場合、今度は裁判所が主体となって、勾留が継続します。
この勾留期間は、原則2ヶ月ですが、1ヶ月ごとの更新により、判決まで継続する場合が多いです。
この場合の身体解放は、保釈によることとなります。

尚、逮捕等で捜査開始後から起訴前の間の容疑者を被疑者といい、起訴されると被告人となります。

相談・問い合わせ

初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com