東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談:東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せ・説明が困難な場合、問合せメールにその旨と電話連絡可能な日時複数を記載ください。
メール予約のない問合せ電話には、対応しておりません。

総合TOP --> 押収物の返還

押収物の返還

捜査機関(検察・警察)による押収には、領置と差押があります。
  領置:被疑者又は第三者が遺留した物又は所有者・所持者等が任意に提出した物の取得。
  差押:物の占有を強制的に取得する処分。(裁判所発行の令状が必要)

捜査機関は、押収物で留置の必要がないものについては事件の終結をまたずにこれを還付しなければならない、 と法定されています。
しかし実際には、刑事事件の証拠とならないことが明白な物を除き、判決確定まで、留置の必要があるとして返還されないこと が多いです。
これに対応する手段として、裁判所への準抗告の申立があります。

相談・問い合わせ

初回相談は無料で行っています。相談・問合せはこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com